<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

中谷美紀との共演 大沢たかおと阿部寛は良い感じ

「嫌われ松子の一生」の松子役で最優秀主演女優賞を受賞以降の中谷美紀との共演で、最も目立っているのは大沢たかおでしょうか。「7月24日通りのクリスマス」で共演していましたが、長崎の街をリスボンだと妄想する一風変わった女性を演じる中谷美紀と、彼女の王子様ランキングbPの先輩を演じる大沢たかおの演技は、クリスマスに向けて近づく2人の関係をほぼ完璧に表現しており、上質なロマンチックコメディに仕上げていました。実際の中谷美紀の恋愛は違った形なのでしょうが、映画ではその役柄に完全に引き寄せられてしまいます。東京国際映画祭のレッドカーペットに登場した中谷美紀と大沢たかおは、本当の恋人のように見えました。
プロの目にもやはり印象深かったようで、ユニクロのCMで中谷美紀と大沢たかおの共演が再び実現しています。ユニクロのCMはドラマ仕立てになっており、中谷美紀は結構今の自分に近い役柄を演じているように感じます。大沢たかおとの共演は、映画との関連性をイメージさせますが、実際のユニクロCMの仕上がりは映画とは違い、中谷美紀の新たな等身大の魅力に溢れています。
もう一人、中谷美紀との共演で注目は、なんと言っても阿部寛です。元々正統派の二枚目でしたが、個性的な役柄でブレイクしました。ドラマ「結婚できない男」では、その真骨頂とも言える快演を見せていました。「自虐の詩」で、阿部寛はパンチパーマのこわもてながらダメ男のイサオを演じています。中谷美紀演じる夫に尽くす幸薄い女との組合せは、良い感じです。


中谷美紀との共演 岡田准一と萩原聖人は再共演を

中谷美紀はその華麗なる女優活動から、数多くの人気男優、実力派俳優と共演してきました。中谷美紀の魅力を最も引き出した男優は誰でしょうか。
まずは、渡部篤郎。実生活でも中谷美紀熱愛の噂となっています。共演は、中谷美紀の出世作である「ケイゾク」とその後連続して共演した「永遠の仔」。くやしいけど、確かに渡部篤郎は役者魂を感じさせる演技力があります。中谷美紀という類稀なる資質を持った女優との共演でも、お互いの個性が上手く調和されています。中谷美紀と結婚してほしくはありませんが、共演者としての実力は魅力的です。
一方中谷美紀との共演で、ドラマ内容で少し損をしているのが、「恋愛偏差値」の岡田准一と、「カオス」の萩原聖人。特に岡田准一、ドラマ内容が悪過ぎです。中谷美紀と岡田准一のツーショットは見事に決まっていました。ドラマ内でいじめられる中谷美紀を、やさしく支えるゲイの役を岡田准一はクールに演じていましたが、役柄が全て中途半端。もったいない。岡田准一はジャニーズの中でも、東山紀之や本木雅弘のようにアイドル時期を過ぎても、末永くドラマで活躍出来る可能性がある逸材です。
一方の萩原聖人も、中谷美紀演じる怪しい人妻に振り回される便利屋を見事に演じていましたが、映画内容に深みがなく、せっかくのキャストが活かし切れていませんでした。岡田准一と萩原聖人については、中谷美紀と質の高い映画で再共演しているところを、見てみたいものです。

中谷美紀の映画、ドラマ以外での活躍

中谷美紀と言えば、女優です。「ケイゾク」でのブレイクに始まり、「リング」「らせん」「電車男」「恋愛偏差値」「R−17」「カオス「「嫌われ松子の一生」「LOFT」「7月24日通りのクリスマス」「自虐の詩」とドラマ、映画に幅広く活躍しています。中谷美紀の女優としての活躍は日本に留まらず、デンマーク映画「ストリングス〜愛と絆の旅路」、更に「SILK」の公開も控えています。まさしく、どんな役柄でも順応にこなす、中谷美紀は日本を代表する女優の地位を確立しています。
そんな中谷美紀ですが、その活躍の場は他の分野にも広がっています。まずは音楽。なんと15歳のときにCDデビューしています。中谷美紀が女優として注目を集めるかなり前の話です。本格的に始めたのは、ドラマ、CM等に出て人気が出てきた1996年で、シングルCD「MIND CIRCUS」をリリースしました。プロデュースは、あの坂本龍一です。中谷美紀と坂本龍一のコラボというのは斬新で、当時中谷美紀が期待の新人女優であったことがわかります。だいたい将来性のある女優は人気が出始めたときにCDを発売します。中谷美紀と似ていると言われる柴咲コウもCDを積極的にリリースしています。
その他、中谷美紀は執筆業にも力を入れています。『嫌われ松子の一生』の撮影後、インドに一人旅をした時も、中谷美紀は帰国後に「インド旅行記(幻冬舎文庫)」というエッセイを発売しています。

中谷美紀がユニクロCMで映画に続き大沢たかおと共演

中谷美紀のCMというと、伊藤園の「おーいお茶」が真っ先に浮かびます。さわやかな中谷美紀のイメージが前面に出たCMで、キャラクターを務め続けています。そんな中谷美紀がユニクロのCMに登場しました。
ユニクロのCMと言えば、最近男女ペアでの登場が定番となっていましたが、中谷美紀の相手役は大沢たかおです。これまでのペアにくらべて、超豪華な組合せです。やはり、カシミヤセーターは、ユニクロ製品の中でも荒利がかなり稼げる商品だけに、CMも予算があるのでしょうか。中谷美紀、大沢たかお登場前のユニクロCMというと、だだっ広い部屋にユニクロの製品が所狭しと置かれており、それを無造作に出演者が選ぶ・・・、そんな内容でした。しかし、今回はやはり違います。中谷美紀が自室をイメージしたセットの中で、カシミヤセーターをじっくりと選ぶ、別カットで大沢たかおが中谷美紀を思い出してカシミヤのセーターをぎゅっと抱きしめる・・・等ドラマ仕立てのCMとなっています。
今回のユニクロCMのクオリティを考えれば、中谷美紀が起用されたのも納得です。中谷美紀と大沢たかおが主演した映画「7月24日通りのクリスマス」が公開されたのは1年前。1年後に、同じ組合せでCMが撮影されるというのは珍しい気がします。当然のことながら、映画のプロモーションを兼ねて中谷美紀と大沢たかおが、CMに出演するわけではありません。「CMの中の中谷美紀と大沢たかおを見て欲しい」ユニクロのCMには、そんな想いが伝わってきます。

中谷美紀 渡部篤郎と熱愛の噂は?

中谷美紀の熱愛の噂の相手で、信憑性の高いのは渡部篤郎ぐらいでしょう。女優歴の長さからすれば意外な感じがします。何度も破局の噂が流れながらも続いているということは、中谷美紀も本気なんでしょう。残念ですが・・・。
中谷美紀と渡部篤郎の共演は、「ケイゾク」。中谷美紀の出世作とも言える作品です。更にその次に主演したドラマ「永遠の仔」でも渡部篤郎と共演。この頃から付き合い始めたと言われています。渡部篤郎には村上里佳子という妻が、当時いたので不倫関係ということになります。ちょっと残念ですね。
確かに中谷美紀と渡部篤郎には共通点があります。間違いなく俳優業が好きで、真摯に打ち込んでいるところ。それは映画やドラマを見ていると伝わってきます。それだけに、渡部篤郎がもし独身だったら、中谷美紀との恋愛を大いに応援する気持ちになったことでしょう。しかし、渡部篤郎は今でこそ売れっ子の俳優となりましたが、売れない下積み時代が長く、その時代を支えていたのが村上里佳子でした。離婚話の中でも、村上里佳子は子供の将来を気にしている報道が何度かありました。それだけに、どうしても引っかかる部分があります。
中谷美紀は、これまで堅実な道を歩んできただけに、しっかりと結婚相手を選ぶのでしょう。個人的には、本来の中谷美紀に近いキャラで演じている気がする「自虐の詩」で、共演している阿部寛なんかいいと思ったりしますが。

中谷美紀と柴咲コウは姉妹?

中谷美紀と柴咲コウが似ている?というのは、以前からかなり話題になっていました。柴崎コウは中谷美紀と同じスターダストプロモーション所属ということで、姉妹では?という噂もありましたが、全くの赤の他人です。
確かに柴咲コウも中谷美紀と同じく正統派美人。冷静に見比べれば、顔を構成している一つ一つの部分は結構異なっています。しかし、顔全体をさっと見ると、中谷美紀と柴咲コウは本当に似ています。特に写真ではなく、ドラマ等の実写のほうが、より似通って見えます。中谷美紀のファンなので、さすがに中谷美紀主演のドラマを見ている時に柴咲コウをイメージすることはありませんが、木村拓哉主演の「グッドラック」を見ていた時には、「これは柴咲コウだ!」と分かっていても、キムタクと中谷美紀が共演しているように錯覚をしてしまうことが度々ありました。
当の中谷美紀は、柴咲コウと似ていると言われることを悪く思っていないようです。昨年の東京国際映画祭のオープニングセレモニーに、映画「7月24日通りのクリスマス」のプロモーションを兼ねて大沢たかおとともに登場した時も、大沢たかお、中谷美紀双方への声援が飛ぶ中、沿道のファンが見間違えて「柴咲さーん」の声援が!柴咲コウと間違えられることを悪く思っていたら無視するところですが、中谷美紀は笑顔で「はーい、柴咲コウでーす!」と切り返しました。中谷美紀の聡明さを語るエピソードです。

中谷美紀は正統派美人

中谷美紀は純日本的な正統派美人ですね。ドラマ「ケイゾク」に出ていた中谷美紀も、この前東京国際映画祭に出ていた中谷美紀も、全く印象が変わりません。これこそ正統派美人の証でしょう。デビュー当初は大人っぽい印象でしたが、むしろ今は本当に31歳?と思うくらい中谷美紀は若々しく感じます。これって長く第一線で活躍出来る女優の条件だと思う。毎年毎年新しい女優が続々とデビューしても、やはり旬というものがあります。しかし、中谷美紀の旬っていつだ?と考えると迷ってしまいます。日本石油のCMで一挙に全国区になった時、「ケイゾク」に主演して「中谷美紀=主演女優」を確立した時、映画「リング」「らせん」での高野舞役、永遠の仔での熱演(思ったほど話題にならなかったドラマだが、中谷美紀の熱演は光っていた)、「きれいなおねえさん」という中谷美紀にぴったりのフレーズである松下電工のCM、エルメスは中谷美紀に似ているという原作本通りのキャストで話題となった「電車男」でのエルメス役、中谷美紀体当たりの演技と話題となった「嫌われ松子の一生」の川尻松子役、もうすぐ公開の阿部寛との共演「自虐の詩」、そして1995年以来CMキャラクターを努め続けている伊藤園の「おーいお茶」のCM・・・、まさしくデビュー以来、中谷美紀に不調という時期はありません。「嫌われ松子の一生」の撮影後、中谷美紀は日本を離れインドを旅していましたが、ブランクらしいブランクは全くありません。むしろ30代に入り、中谷美紀の女優としての活動は、その正統派美人の容姿+確実な演技力でさらに広がりを見せるでしょう。
<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。